キムタクの某着付け教室のCMで「着物でデート」の効用を考えた。

Pocket

スポンサーリンク

1月18日(月)より全国で オンエアされているキムタクさんの着物姿の某CMを私も偶然見れました。

ウエットスーツからさっそうと和服に着替え、待ち合わせに向かう、という展開でカッコイイ!

その効果あってか、そこの会社の株も週明け買い先行で始まり上昇してます。
株の値動きはさておき、個人レベルで株を上げるには、参考になります。

待ち合わせ場所にあらわれた女性に対し、「なんかドキドキしちゃいます。」と言いましたよね。CM上のセリフだとしても、あってると思います。
そう、ドキドキしてくれちゃってるわけです。これ、一般男子だってそうなるってもんです。ってことは、デートのとき、着物だと、ドキドキ効果の「吊り橋理論(つりばしりろん)・つり橋効果」が期待できるのではないかと

つり橋効果とは不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に恋心を抱きやすいという結果をカナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に実証されたもの。

実験は、18歳から35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2か所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。揺れる橋での緊張感を共有したことが恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

この実験から外的な刺激によって起こるドキドキが、異性を見た瞬間に恋して起こるドキドキとを錯覚してしまい、恋してしまう。というもの。

着物を着ている相手にドキドキするのは不安や恐怖ではないのですが、「外的な刺激によって起こるドキドキが、異性を見た瞬間に恋して起こるドキドキとを錯覚してしまい。恋してしまう」ことは効果あり、って事になるかと。

デートに誘うような、少しでも気がある相手なら、瞬時に恋してしまいそうです。

また、こちらも着物を着てさらにドキドキして行くのなら、その「緊張感を共有」の点でも相乗効果でしょうか。

こちらのブログでも「着物で〇〇にへ行く」シリーズに書いてますが、大抵の所は着物で行けます。

(逆に男性側から「着物で来られてドン引いた。」は何か下心でも(笑)とか思ってしまいますが・・・)

わざわざ着付けてもらって行くのではなく、自分で着て「デートに着物で行く」。
勝負服の選択肢に着物が加われば、自分の株も上がりますって

外見からドキドキを狙うなら、ミニスカや胸元があいてる洋服なんかも考えられますが、それ、数年後着れます?

でも着物なら、もし、その方とご夫婦になられた後、数年後、その着物でデートしたら、素敵な思い出になるのではないでしょうか?

どうぞお幸せに

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です