着物と腰痛―腰痛緩和の着物―私の体験談

Pocket

スポンサーリンク

私、腰痛持ちなんです。
成長期にやっていたスポーツが原因で「腰椎分離症」→「腰椎すべり症」という典型的パターンですね。

「腰椎分離症」脊椎が切れることによって発生する腰の疾患。スポーツ障害としての腰椎分離症では、オーバーユースによる疲労骨折が原因となって発症。(疲労骨折は、特定の骨に負荷が繰り返しかかることによって起こる骨折の一種。)脊椎が切れた部位から上半身構えに滑り出す「腰椎すべり症」に発展。

kansetsutsuu_koshi

筋力の衰えと体重増加も加わり、腰痛が慢性化しています。
そんな私ですが、着物を着ると腰痛が和らぐので不思議です。

もともとは、体重の変化による服のサイズが合わなくなって着るようになった着物なんですが、気が付いてみると腰痛にもいいようで。。。

洋服で長時間座っていると立ち上がれなくなるんです。
特に、子供達の演奏会など、コンサート会場のような座席では鑑賞後、席を立つまでに痛みとの戦いがあります。

着物で行った時の事、それがなく、すっと立ち上がれたのです。「あれ?」といった感じでした。いつもは「う~~、イテテテ・・」としばらく、うなっているんですが。
帯がコルセットの代わりになるのか、帯のふくらみがいい感じでクッションのように腰当て代わりになっているのか、腰周りが温められるからなのかは、わかりません。

こんなこともあり、着物っていいな、と再確認した次第であります。

本来は体重管理と腰周りの筋力を回復しなきゃいけないんですけどね。。。

あと、腰痛時の「くしゃみ」ってかなり辛いんですが、着物だと恐れることなく「はっくしょっん!!」と、スッキリできるんですが、私だけでしょうか。

(あくまでも私の体験で実感でありまして、医学的に根拠のあるものではないので、あしからずご了承くださいませ。)

追記:2017(H29)早春「腰部脊柱管狭窄症」と診断されました。「着物を着ると腰痛が楽」は変わらず、助かっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です