ラスボス 小林幸子 「歌のお姉さん」になる!

Pocket

スポンサーリンク

ラスボスとしても名高い歌手の小林幸子さん(62)が、NHKBSプレミアムの子供向け番組「ワラッチャオ!」(日曜、前10・30)に、3日放送の同番組より「歌のお姉さん」としてレギュラー出演されています。

52年の芸能生活で初めて子供番組にレギュラー出演する小林さんは、仰天企画について「“お姉さん”というところに引っかかっているようですが、誰が何と言おうと『お姉さん』です!!」とうれしそうにコメント。
「オファーにうれしさと戸惑いはありましたが、“まだまだチャレンジしていかなくちゃ”と思い、受けさせていただきました。今の曲を私なりの観点で演歌アレンジし、子供たちに楽しんで歌ってもらえるように頑張ります!!。。。もちろん衣装も見どころです」とアピールするように、子供番組向けにアレンジしたかなり“ド派手”な着物姿も注目です。

番組の「ワラッチャオ!」自体、子供たちに“笑い”を届けることをテーマに13年にスタートしたもの。今春に内容をリニューアルし、新設された歌コーナー「アレンジ演歌道(えんかみち)」で小林さんが初代「歌のお姉さん」を務める、という訳。

 「アレンジ-」は子供たちに人気のヒット曲を、演歌の技法を取り入れ、楽しく歌おうというもので、小林は演歌アレンジ歌唱や振り付けなどを考案。初回はアニメ主題歌「キューティーハニー」が課題曲、とのこと。

60代にして、「お姉さん」と呼ばれ、「キューティーハニー」も歌える。

うらやましい。。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です