髪を JHDAC ; ジャーダックさんへ寄付するべく切りしました。カットの様子。

Pocket

スポンサーリンク

そろそろプールが始まりますし、今学年では宿泊訓練もあるので、子供達が伸ばしていた髪を切って寄付する決断をしました。CA3F0637

最初はどこの美容院にお願いしようかと探していたのですが、子らが「ママがお家で切ってくれればいいよ。」との事でジャーダックさんのホームページを見て即席お家床屋さんになりました。

(ジャーダックさんのホームページ ドネーションカットの仕方

結局は「自分達が切る!」とのことで、私は束ねる所とカット後に切り揃えてあげるところをお手伝いしました。

後はドネーションシートと束ねた髪を封筒に入れて・・・CA3F0645

直接髪を封筒に入れる様に指示があり、雨で濡れないか心配で2~3日お天気が続く日を選んでポストにポン!

CA3F0652

お友達の笑顔の役にたちますように・・・

後日、届いた事をしらせるお礼状がメールで届きました。donation

髪を洗うと乾かすのが大変で見かねたパパがその度にドライヤーを持って手伝ってくれたり、からまっちゃって鳥の巣状態になった髪をお互いにほどいたり、がんばりました。

すっきり短くなった髪もかわいいもんです。

私もがんばって伸ばしていたんですが、痛みが酷くて断念しました。
双子っち、がんばりました!偉い!たくさん褒めてあげました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です