袴姿でピアノ発表会(2017version)

Pocket

スポンサーリンク

今年のピアノ発表会も袴姿。

頂き物の着物。
段ボールの中に小振袖発見!
朱と紫の2枚あった!ラッキーです。

手直しして舞台衣装にしました。
その記録です。

小振 朱

当ててみた所、ちょっと袖が長そうなので肩揚げ。
着物の刺繍柄の所が硬くて針がうまく通らず、縫い跡がすごいことになってしまった。
(刺繍の所はずらすべきだったのか?)

で、カモフラージュの為、飾り結び(花結び?)を肩飾りとして付け、目線をこちらに向かわせる作戦に。

主要な所だけ両面テープで付けたので、演奏中も揺れて可愛かったです。

小振 紫

2枚ともタンス臭かったので水洗いをしたのですが、色止めのクエン酸を入れ忘れ、気づいたときは時遅し。
裏地の赤い布から色が出てしまい、染みてしまった。(やっちゃった💦)

カモフラージュで赤いラインを付けました。

着ているときは、染移りはほとんど分からないし、ラインを袂から少し出したら、こちらも演奏や動きに合わせて揺れるので、いい雰囲気のある着物になった…と、思います。

(袂下、赤い紐の根本リボンが表側では着た時見えない、ちょっとうっかりミス)

我が家の衣装部より

元がタダなだけに、着物にとっては無茶な事(水洗い、縫い付け、両面テープ加工)をしてしまいました。(ごめん)
処分に困ってこちらに届いた着物達ですが、今一度着ることができました。(許してね)

舞台袖で「ステキ♪」「奇麗だね。」と言われたようで、ピアノの先生からも「嬉しそうでしたよ」と。
よかった、よかった。。。

自宅で衣装合わせをして、袴の丈や演奏に支障がないかチェックしました。

袴の裾上げ をしながら昨年との差で成長を感じました。

中学校になったらピアノ教室は止めることにした娘達。

衣装部としても仕事納めとなりそうです。

これからも音楽を楽しんでいってほしいです。

参考ブログ記事

着物でピアノ発表会 袴姿を舞台衣装に。(2016)

袴の丈を短くする。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です