子供の着物【男の子】―母の着物から子供用に―

Pocket

スポンサーリンク

母の昔のウールの着物から男の子用にしたものです。

女の子仕様にした記事、旧ブログ「子供の着物【女の子】―母の着物から子供用に―」はこちら

柄が男の子でも良さ気だったので男の子仕様に直しました。

衿がこんな風に幅広にしてありました。
これを棒衿にしました。CA3F0808

後は、袖を船底袖か筒袖に直して出来上り。
(この着物は船底にしました。←船底って赤ちゃんぽいかな?と思いましたが、個人的趣味で「着物っぽくて、かわいい~」から)

CA3F0814

着る時に女の子着物の時付けたような「なんちゃって衿(?)」をつけます。
もうちょっと大きくなったら袂(袖?)を人形に、(15歳ぐらいになったら)なんて思ってたら、今時の子って大きいのね。兵児帯で帯の幅をとったとしても、脇がカパカパ見えて気になるので浴衣ではすでに人形デビューしています。この着物ももう人形でいいか・・・

細かいことは気にしない。プロの仕立て屋さんじゃない「おっかちゃん」が自分の子用にやるんだから♪

kimonoboy

ちょっと、お兄ちゃんに着てもらいました。
こんな感じ。

もう少し手直しして、秋ごろから着れるようにしておきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です