“ラスボス”小林幸子、浴衣姿でコミケ再降臨。

Pocket

スポンサーリンク

演歌歌手の小林幸子さん(61)が16日、東京・江東区の東京ビッグサイトで行われた世界最大規模の同人誌即売会「「コミックマーケット(コミケ)88」」(14~16日まで開催)に、昨年に引き続き参加。

この日のために用意した金魚柄の浴衣と頭には「まねき猫」の手ぬぐい(かな?)で自らブースに。
浴衣には「白地にスパンコールがついている」との情報も。
(たぶん水色の花模様(?)の中心にスパンコールがついているみたいです。)

(C)スポニチアネックス

(C)スポニチアネックス

小林さんは紅白歌合戦の終盤に巨大できらびやかでド派手な衣装で登場する様子から、「ラスボス」と呼ばれるなど人気。
「ラスボス」とは、一般的にゲームで最後の壁として立ちはだかる存在のこと。「ラストに登場するボスキャラクター」の略語。

ポケットモンスターの主題歌も歌うラスボスでもあるわけでして、
7月には小林さんの声を元にして制作されたボーカル音源「VOCALOID4 Library Sachiko」(通称サチコロイド)も発売。

小林さんは昨年と同じ「5884組」(こばやしぐみ)の団体名で一般参加。
ミニアルバムCD「さちへんげ」の購入者に熱気あふれる会場で笑顔で対応されたそうです。
CDには「さちさちにしてあげる♪-さちへんげremix-」「いろは唄」「いーあるふぁんくらぶ」など8曲が収録されており、CDの購入者にはおまけCDとして「脳漿炸裂バーサン」を1枚プレゼント。
昨年CD1500枚が2時間半で売り切れたため、今年は2500枚で臨んだが2時間40分で完売となったそうで。

(C)東スポWeb

(C)東スポWeb

来年のコミケ参加についても「来年も待ってますという人が多かったので、やった方がいいのかなとは思います」と意欲的だそう。

来年の浴衣も楽しみにしてます♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です