着物人の冬下着。ヒートッテックを切る技。 

Pocket

スポンサーリンク

着物でも冬場の下着にヒートッテックを愛用していらっしゃる方、多いと思います。
かく言う私も、薄いし、あったかいし、愛用してます。(いい時代になりましたね~)

しかしながら、お洋服用なので着物では衣紋を抜くと見えちゃいますよね。
で、よく着物人がやる技として、お洋服用の肌着系は前と後ろ(前身ごろと後ろ身頃)を逆にして着る訳です。(背中に前身ごろがくる。)

そうすると衣紋からは見えなくなるのですが、今度は衿の合せから見えちゃう時があります。

そんなとき、ヒートッテックを切っちゃいます。
お洋服の方が、襟ぐりの深いものを着る時やっていらっしゃいまして、切りっぱなしでOKなんだそうです。

ヒートテックを切る

ヒートテックを切る

前の襟ぐりが深く開いていますので、私はここは後ろに(背中に)しますので、前にくる部分(ヒートッテックでは後ろ)を衿の合せから見えないようにVに切りました。

CA3F0318

タートルネックを切る

こちらはヒートッテックではないのですが、(ヒートッテックもどき?)首周りがきつくて結局着なくなってしまったタートルネック部分を着物の衿の形に合わせて切りました。

切ったネック部分はヘアーバンドなどに。
色が黒なら髪をアップにした時の詰め物(毛たぼ)にも使えそうです(笑)

どうもこのヒートッテック系の下着は切っても切りっぱなしでほつれてくることなくいてくれます。

これでチラ見の心配もなく暖かい冬を過ごせそうです。

(うまく切れなくても当方責任は負いかねますので、ご自身の判断と度胸でお試しくださいませ~

ご参考まで

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です