子供達の水筒。THERMOS・タイガー 比較してみました。

Pocket

スポンサーリンク

ウチの子らが通う小学校では、ほぼ1年中水筒持ちです。
子ども会の行事、習い事、家族でのお出かけにも大活躍の水筒達。

「好きな水筒選んでいいよ~」で選ばせたら違うメーカーでしたので、4年ほど使い込んでみて、それぞれ親目線でのお手入れの使い勝手を比較してみました。

THERMOS タイガー ともに直飲みのワンタッチ・オープンタイプの水筒です。

suitou

左:サーモス  右:タイガー SAHARA

※以降、並びの画像では 左:サーモス 右:タイガー となります。

水筒本体上部

suitou2

内側に溝があると、そこに汚れがたまりやすく、ちょっと油断すると、カビらしきものが

キャップ(蓋)部分

suitou3
輪状のゴム(シリコン?)と金属のバネの力でオープンする、という違いです。

CA3F0349

輪状のゴムは外して洗えますが、時々外れてしまい、フタが上がってくれない、という事があります。

キャップ内側です。CA3F0350

凹みがあると、汚れが溜りやすくなります。

内側のパッキンの取り出し方の違いです。

suitou4

1つは手でつまんで出せます。もう片方は、取り出し用の溝があるので爪楊枝などで出します。(私はこの時、爪楊枝でついでに凹みを掃除しています)

CA3F0351

内側のパッキンを取り出すと、こんな感じ。

1つはシャンプーハット(?)の様な形状で、もう片方は平らなリング状です。
シャンプーハット状のものは洗いを油断すると汚れ(カビ?)が

どちらの水筒もお手入れには一長一短があります。

どちらも子らは気に入って選んで使っています。

汚れが溜りやすい部分が分かっているので、そこは気をつけて洗ってあげて、気持ちよく、これからも使っていけるようにしてあげたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です