癒し系の楽器「ライアー」という竪琴を弾いています。

Pocket

スポンサーリンク

ライアーと呼ばれる竪琴をご存知ですか? 

この楽器はまだ日本ではあまり知られていないようですが、アニメ「千と千尋の神隠し」のエンディングで使われていた癒し系の楽器です。
楽器の名前は知らないけれど、見たこと、音色を聴いたことがある方はいらっしゃるとおもいます。

20世紀前半に、音楽家であり、治療教育者であったエドモンド・プラハトEdmund Pracht によって生み出されたまだ新しい楽器です。Leier「ライア」または「ライアー」と呼ばれています。(発音的には「ライア」が近い)
彼がスイスにあるシュタイナー教育の治療教育の現場で働いていたことから、スイス、ドイツを中心としたシュタイナー教育で用いられるようになっていったそうです。
現在は教育楽器としてよりは、演奏楽器としてドイツを中心に世界中に広まっています。

私が持っているのはアルトライアーです。
(購入時、まだ日本に2台しか入ってない、との事でした。
そんな貴重なもの、ど素人の私が買っちゃっていいものか悩みましたが…)
音色に魅入られてヘソクリをはたいて購入したものです。

CA3F0057

以前はお友達とアンサンブルなどしていました。

LeierEnsemble

今は介護中で自由に外出できず、自宅でのんびり1人で弾いています。
介護って大変ですが、ホッとする時間です。
(認知症の母の気分転換にもいいのかな~)

コツさえつかめば(弦のはじき方=「はじく」というより弦を押さえた指から弦が「はじかれる」感じかな)簡単に弾く事ができると思います。

高音⇔低音の並びがピアノと逆になります。楽器左(もった時手前)が高音域になりますのでピアノの様な感じでいくと最初「ん?」となりますが、すぐ慣れると思います。

withDaughter

子供のピアノ発表会にて「いつもなんどでも」アンサンブル

子供達には、まだまだ大きい大型のライヤーですが、いつかは譲りたいと思っています。
(私の形見かな

CA3F0786

近くの楽器屋さんで気軽に購入できるものでもなく、私も「この子」に出会うまで時間と苦労を要しました。

ライアーを持っている知り合いに聞いたり、ネットで調べたり、オークションサイトを調べたり…

そして、「この子だ!!」と、直感的に思う1台に巡り会いました。

手に入れるのは、ちょっと大変かと思いますが、素敵な音色を奏でる、このライアーという楽器に、1人でも多くの方が出会えますように。。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です