夏着物用替え襟にひんやり素材を選んでみた。

Pocket

スポンサーリンク

替え襟にひんやり生地を使ってみました。

着るとき、首筋にあたった時の「ムワッ」とした感じがかなり軽減されました。

今年の夏は、これで過ごしました。

お値段的にも安上がり。

使ったのは「ミラキュラス」という生地。
襟は表地が肌にあたるので、裏が接触冷感では仕方がなく……(まぁ、裏を見せても私的いいのですけどね)
この生地は表面も接触冷感なのか問い合わせたところ、

「ミラキュラス・クールの接触冷感性については、
メーカーの見解としては着用時の肌側(生地の裏側)のみです。
これは、裏側の検査しかしてないためそうなっています。

ですが、この素材の接触冷感性は糸によるもので、表も裏も同じ糸ですので、
両面とも接触冷感性があるとお考え頂いて良いと思います。

との事。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です