子供が微熱続き。原因はアレルギーだった(?)。

Pocket

スポンサーリンク

ウチの息子、小学生6年。(ウチの「お兄ちゃん」です。)
夏休みに入り、小学校のプール開放があります。
プールに入るにはウチの小学校ではプールカードというものに体温を測って記入し、保護者の参加OKの印鑑を押さないといけません。

で、計ってみると、37℃代。今までは36.5℃前後でしたので、あれ?風邪でもひいたかな?と残念ながらプールに行けませんでした。

次の日も、次の日も微熱があり、風邪っぽい症状もなく「???」でとりあえずプールはお休みしました。
本人は体がだるいということもなく、いたって平気。

さすがに3日間微熱が続くと「なんかおかしい」ということで病院へ。

受診するも、やはり風邪の症状もなく、水泳大会があり水泳の練習がほとんど毎日あったりもしたので「疲れが出たかな?」ということで、「様子を見ましょう」という事に。
お医者さんからはとりあえず、疲れがとれるようにと、虚弱体質用の漢方薬を出してもらえました。

しかし、1週間のんびり過ごすも、いっこうに微熱は下がらず、37.5前後。(ときどき38℃ちかくまで)

こうなってくるとさすがに(本人より親が)心配になってきました。

再度、受診。
血液検査へ。(お兄ちゃん、注射が大嫌いで予防接種も真っ青になって倒れてしまうので大変でした

結果、特に異常はなく、しいていえばアレルギー反応を示す「好酸球」の値が高い、との事。

でも、春のアレルギー(花粉症)の時みたいに顔がぐちゃぐちゃ(←くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、ただれ)もなく、夜、「鼻がかゆいな」と言う位で、お医者さんに「花粉症の時みたいな感じある?」と、聞かれても、本人も「さぁ?」。。。

アレルギーで熱が出るのも考えにくいし、う~~~ん。。。とりあえず、血液検査をアレルギー検査に替えて調べたところ。。。。

出てくる出てくる!アレルギーのフルコース!
樹木、雑草、草花に関しては一年中有。との結果。
ハウスダスト、ダニもさることながら、「猫、飼ってる?」と聞かれ、「。。。はい。。。」
そう、3匹もいます!! 
先生も「その子達がいなくなったら、もう、猫は、…ね…。」とやさしく言ってもらえましたが。。。

家のお掃除、なまけずやらなくっちゃ

アレルギーのお薬を飲み、3週間ほど続いた微熱はやっと下がりました。

辛くなければアレルギーのお薬は飲まなくてもよく、先生からも特に心配することはないので、この子の体温はこんなもんと考えて、37.5℃を超えてきたら他の症状(風邪とか)心配しましょう。との事。

プール開放に皆勤した下の双子妹達は日焼けして真っ黒。お兄ちゃんは一度も行けず、もともと色白なせいもあり、真っ白。
夏休み後半、一緒に遊びに行っても、兄妹というより、「親戚の子でも一緒に遊びに来たのかな」的な家族構成となりました。。。

しかし、猫大好きなお兄ちゃんが猫達の居ない生活なんて考えられないだろうな。
かくゆう私も猫アレルギーだけど小さい頃から飼ってたし。喘息あるし。
(蕎麦アレルギーだけど大好きだし、で困った子でした。もう、命がけで食べちゃいます。蕎麦はざる蕎麦が一番!←(笑) メロンはここら辺産地ですが、これは食べません。声が出なくなっちゃうので…残念)

体が冷えるとアレルギーの症状ってひどくなります。
お兄ちゃんの体温が上がったのって、大好きな猫達と暮らす為、体が順応すべくとった体の進化かもしれないな、とも思いました。

お兄ちゃん、アレルギーを怖がらず、共存していける強い子になるんだぞ!
(おいおい。。。

※あくまでもシロウト論です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です